どんな環境でもベストを尽くす


 

先日、少しサムライをお休みして旅行に行ってきました。

海外に行ったので、時差もありました。

帰国後、体調がすこぶる悪いです笑。

睡眠も浅いので寝た気にならないですし。

身体に負担がかかってるんだと思います。

 

移動距離の長いスポーツ選手は本当に大変ですよね。

でも、移動が長いからコンディションが悪いというのは言い訳です。

(体調管理の甘さ)

コンディションは自分で作るものだと思っています。

自分で体調を整える時間を作る。

お風呂に入っても良いし、ストレッチを多目にしても良いと思う。

僕は遠征の移動した日は、長風呂に必ず入りました。

ホテルの浴槽にお湯を溜めて、沢山汗をかいて沢山水分を取って身体の水分を循環させるイメージでした。

移動後は鉛のように身体が重いんですよね。

全然動かない。

動かないので力んだり、バランスも悪くなり怪我にも繋がります。

怪我持ちだった僕には、怪我=野球引退でしたから。

振り返ってみると、自分のベストな体調で出来る一日なんてほんとわずかです。

身体に痛みがない日は嬉しかったし、普通にボールを追える事が嬉しかったなぁ。

 

『自分の体調(気分)で野球をやらない』

 

悪いなりにベストを尽くせば良いし、どうにかなるようにもがいてみる。

もがく事で自分にきっと幅が出るから。

(人としても幅が出てきて良い味が出ると思う)

 

Hondaの多幡選手の言葉

 

「体の状態は日々変わっていくし、どこかを痛めた際はバッティングが崩れる。でも、その時に一発勝負、負けたら終わりの試合が来たら、それでも打席に立た なくてはいけない。プロ野球だったら『休んで次の試合に備える』となるかもしれませんが、悪い状態でも対応できる引き出しを作りたいから、僕は休むことを しません」

 

高校野球ドットコム

http://www.hb-nippon.com/column/1036-syakaizin/8373-20140318no09ob?page=3

 

尚美大の新谷監督も同じような事を言ってました。

(言ってた気がします)

 

「その日の体調によって身体は変わっているのに、同じフォームに戻そうとするから戻らない」

「その日、その日のフォームがあっても良いんじゃないか」

 

その日の自分のベストを尽くす。

ベストを尽くせるように、普段から体調を整える習慣を付ける。

言い訳できる状況を排除していく。

一生懸命やって駄目なら仕方ないじゃないですか。

次は出来るように練習を頑張れば良いだけです。

その繰り返しで上手くなっていきますから。

 

もし今日が自分にとって最後の野球できる日だったら?

(極端で申し訳ないですが、現役を終わった人間だから言えると思う)

思い切りやって駄目ならきっと後悔しない。

自分の弱さを含めて向き合っていけば、ベストを出せると思う。

出た結果じゃなく、どれだけ自分が納得できているのかだと思います。

 

コメントを残す