キャッチャーに必要と思う事のみっつめ


 

 

こまかくブログを区切れば楽に書ける事に気付きました。笑

いやー

書いてて勉強になりますね。

野球について分かりやすく伝えようとする事って、相当勉強になりますよ。

技術を文字で書けるって事は、きっと話せると思うから。

自分磨きの為に野球について今後も書いていこうと思います。

では最後のみっつめです。

 

覚悟を決める(決断をする)、かな。

キャッチャーのサインがないとピッチャーは投げれないです。

ピッチャーは首を振れますが、最終的にそれで行こうとサインを決めるのはキャチャーです。

なので不安と葛藤しているんじゃないかな。

(キャッチャーにヒットを打たせるなっていうのは、精神的に余裕が出来て勢いに乗らせるから)

勝負を決める1球っていうのを決断する時があります。

その時にね、何を基に決断するかが大切だと思ってます。

高校生の時、キャッチャーは全打者の配球を覚えてないと怒られてました。

 

1打席目どんな配球で、2打席目にどう工夫をして、勝負どころでどうしたのか?

こうしようと思ってどうなったのか?

 

・どんな打者?

・何を狙ってきた?

・次は何を狙ってくる?

・点差は?

・ランナーは?

・投手の調子は?

・相手の作戦は?

 

などなど、考える事は沢山あります。

 

覚悟を決めて、決断する情報をどれだけ持てるか。

どれだけ考えながら野球ができているか?

観察力も大切だし、投手とのコミュニケーションも大切。

監督の考えを理解しないといけないし、相手の作戦も読まなければいけない。

やる事はいっぱいです。

だからこそ、やりがいがあるんだと思います。

 

キャッチャーは特殊だと言われるけれど、試合をコントロールできる唯一の存在です。

ピッチャーへの返球の強弱だけでも試合のテンポを変える事ができます。

鼻息あらいピッチャーにはテンポを遅くしても良いと思うし、考えすぎるピッチャーに対してはテンポを早くして勢いをつけさせてあげても良いと思う。

全てのポジションを見れますからね。

守備位置の指示も大切な仕事です。

監督の意志(前進守備やシフトなど)を伝える事も大切です。

 

決断できないと不安っていうのがチーム全体に伝わります。

まず投手に伝わる。

判断に時間がかかる ⇒ 試合のテンポが遅くなる

相手のペースになりやすい。

覚悟を決めて即断即決できた方が良いと思います。

(それでも迷う時はありますから、即断を癖付ける)

勝てるチームのキャッチャーは落ち着きと雰囲気があります。

どっしりしてるんですよね。

キャッチャーの気分 = チームの雰囲気なのかも。

ブレない方が良いですよね。

すぐには出来ないと思いますが、取り組み方で身に付けられると思うんです。

良い癖を付けていきましょう。

 

まずは試合の配球を全部記憶できるようにしたいですね。

配球表をつけても良いし、投手と確認し合いながらやっていってもいいと思う。

キャッチャーにとっては打者は9人ですが、打者にとっては1人のキャッチャーですから。

9人分記憶しよう。

その記憶を積み上げよう。

扇の要になれるように頑張って欲しいなって思います。

 

コメントを残す