スイングの幅を出す


 

 

先日書いたブログの続きです。

 

箱を使って手の動きを覚える方法を書きました。

実際に選手のスイングの変化を見たいと思います。

 

今回のモデルは村山選手。

長打力もあり、小技も出来る選手です。

スイングを少し修正すればもっとヒットゾーンが増えてくると思っています。

 

【修正前】

 

 

 

インコースの低めを振っている感じのスイングです。

少しこねていますね。

バットの面がボールに対して向いてない。

なのでピンポイントでボールに当たらないと、良い打球はいかないと思います。

 

 

【修正後】

 

 

 

スイング幅が違ってきてるのがわかると思います。

ボールに対して面が向いているし、右中間に長打の打てるスイングだと思います。

 

バッティングって右手の使い方なのかな。

どのラインに右手を入れていくか。

それによってスイングの軌道が違ってきますよね。

自分の癖ってなかなか直らない。

長い時間をかけて癖を身体に染み込ませている訳だから。

なのですぐには良くならないから時間をかけて修正した方が良いと思います。

 

 

One thought on “スイングの幅を出す

  1. 木製のバットで練習すると良いのでは?
    木の目方向を意識して、全てのコースを打てれば、完璧です☆
    金属ならではの使い方も理解出来ると思いますよ。

コメントを残す