バットの面を向けたスイングを作る


 

 

あくまで僕の持論です。

バッティング技術は色々な考えがあるし、正解はないと思います。

バットの面を向けたスイングをどう作るのか?

動画を交えて説明したいと思います。

 

 

 

 

四角い箱を用意します。

両手で挟み、インパクトの形を作ります。

この時の手の形を覚えましょう。

手の甲と手のひらを上に向けます。

こうしないと面が向かないからです。

インパクトで横の面を向ける。

フォロースルーのセンター方向に向いたときに両手が地面と垂直になるように。

その後ヘッドターンをしていく。

この流れが理想なのかなと思います。

 

僕はゴルフ用の2色のバットを使って、面を確認しています。

ゴルフ屋さんに売ってるので、買っても良いかも知れませんね。

2色なので、こすったスイングやこねたスイングをした時はすぐに分かります。

バットにマジックで線を入れても良いと思います。

バットのマークを真上に向けて、自分の中でチェックできるようにしても良いと思います。

 

 

良くないスイングも。

女子野球選手に多いんですよね。

 

 

 

 

レベルに振れずにダウンスイングを意識しすぎて、右打者なら左下に振ってしまってる。

このスイングだと、右肩が早く出てしまうので開きに繋がる。

こすったスイングか、こねたスイングになってしまう。

(アッパースイングの修正方法としての練習ならやっても良いと思います)

基本はレベルに振りたい。

面をボールに向けたスイングをしたいですよね。

 

なぜ面を向けるかっていうと、スイングの幅(ミートの幅)が出るから。

タイミングがずれてもその幅があれば対応できる範囲が広がります。

点で打つのか、線で打つのか。

線で振れるスイングを身につけて欲しいなと思います。

プロ野球選手を見ても、みんな面が向いてる幅が広いですもん。

技術に終わりはないですから。

選手にはとことん追求してもらいたいと思っています。

 

 

コメントを残す