ヒットになるボールを振る


 

 

いよいよ明日から社会人野球の都市対抗が始まります。

アマチュア最高峰の大会なので、ご都合のつく方は東京ドームに足を運んでもらえたら嬉しいです。

(応援席、外野席はチケット配っているので無料で入れます)

 

女子野球も今年から社会人野球を束ねる日本野球連盟の傘下にいるので、繋がりはあるんですよね。

毎年、都市対抗で女子野球選手が始球式してるんですよ。

何年か前、僕が都市対抗の開幕戦に出た時、当時サムライに所属していた中島選手(現アストライア)が始球式してました。

何かの縁ですね。

 

都市対抗の動画を見ていた時に、ホンダから巨人にいった長野選手の動画がありましたので紹介しますね。

 

この大会で首位打者を獲得するぐらい沢山ヒットを打ったんですが、動画見ればわかるようにほとんど甘いボールをヒットにしています。

対戦相手の配球を見ても厳しいところを攻められていますが、ヒットはほとんど甘いボール。

 

長野選手はホームベースから遠くに立ちます。

なのでバッテリーはいかに踏み込ませないように、いかに外角を遠く見せるかを考えるんだと思います。

(踏み込まれると外のボールをヒットにされる)

という事は、インコースを厳しく攻めて意識させたい。

動画を見ても、ものすごくインコースを攻めてますよね。

 

でも長野選手はインコースに全く意識を持ってない。

強引に引っ張る感じがないです。

右アンダースローに対しては、タイミングを外されても右方向の意識があるからヒットにできていますし。

 

試合の中で難しいボールをヒットにしてる選手ってなかなかいないんですよね。

長野選手のような恵まれた才能を持っている選手でもです。

投手はコントロールミス必ずしますからね。

1打席で甘いボールは必ず来ると思います。

長野選手を見ても、厳しいボールはファールで逃げて甘いボールを確実にヒットにしている。

並外れた身体能力を持っているからヒットを打てる訳じゃないと思うんです。

ヒットになるボールを振っているだけ。

 

投手の配球も見て欲しいですが、どんなボールを打っているのか?を意識して動画を見てもらえたらと思います。

 

 

 

 

 

コメントを残す