今日取り組んだピッチャーの練習


 

 

黒崎選手、亀谷選手の2名にネットスローを行いました。

この時期はまだ肩も作れていないのもあり、まずはバランスとフォーム固めを意識してネットスローをやっています。

ブルペンに入ってしまうと、どうしてもボールを見てしまうのでバランスが崩れがちです。

しかも、肩が出来ていない状態からの力みで故障にも繋がります。

なので、近い距離のネットスローを行いまずはフォーム作りからやっていこうと取り組んでいます。

 

ネットスローをやる時に、下に台を置いてその上で投げてもらいました。

この練習はホンダの時に、オリックスに行った佐藤選手がやっていた練習です。

下半身のバランスが悪かったので、台から落ちないようにバランスを意識出来る練習をしていたんだと思います。

黒崎選手、亀谷選手も下半身が安定してくればもっと楽に良い球が投げられると思います。

踏み出し足が身体を支えられず、ぐらついてしまう。

体重を前に乗せる事が出来ませんし、下半身が安定しないのでコントロールも悪くなります。

 

【投げ初め】

黒崎選手

SONY DSC

 

亀谷選手

SONY DSC

 

【踏み出し足で立つ意識を持って】

黒崎選手

SONY DSC SONY DSC

骨盤がだいぶ回ってきてます。

最後の写真の踏み出し足が外に割れているのがもうひとつですが、これぐらい前に体重が乗って欲しいです。

全体重を左の股関節で受け止める感じ。

体重移動が出来ているので、打者にとっては近く感じると思います。

最初の写真とは全然違います。

 

亀谷投手

SONY DSC SONY DSC

踏み出し足の内側に体重が乗ってしまい、右側に倒れてしまう癖がありました。

右側に倒れるっていう事は、投げきれてないんですよね。

しっかりと踏み出し足の股関節で体重を受けれるようになっているし、投げる方向へ体重移動が出来ています。

もう少し骨盤をかぶせたら、もっと切れが出てくるんじゃないかなって思います。

まだ上体がリードして投げちゃってるかな。

最初とは全然違いますよね。

 

筋力って何も変わっていませんが、身体の使い方を少し変えるだけで楽に今まで以上のボールが投げれるようになると思います。

(これだけすぐに変わってくれるのを見ると面白いです)

同じスピードでも打者の感覚は違ってくると思います。

このフォームを自分なりにアレンジして、上手く身体を使えるように覚えていって欲しいです。

最後にプロ野球選手の投球フィニッシュを見てみましょう。

 

P2011022401935_maeken-ns-big LAA-2-1_13.JPG c=a3010102-thumbnail2.jpg d=a0

 

躍動感がすごいですよね。

身体のバランスをコントロールしつつ、体重移動ができれば良いボールが投げれるようになると思います。

少しでも参考になればと思います。

 

 

コメントを残す