大倉監督の野球を振り返ってみる


 

 

日本代表候補VS関東選抜の試合を2試合観戦しました。

試合の解説も出来てとても楽しかったですね。

解説を経験出来る機会はなかなかないと思うので、言葉だけで伝える良い練習になったのかなと感じています。

2試合を見た感想を。

 

まず大倉監督の野球について。

大倉監督は東都大学リーグの駒沢大学出身です。

僕も同じリーグのライバル校として優勝を目指して戦っていました。

駒沢大学の太田監督の野球がベースなのかな。

足を使って揺さぶってくるんですよね。

駒沢の野球は、足がある(足を使える選手)が試合に出ていたように思います。

今回の試合でいうと、エンドランや盗塁(ダブルスチールも)が多かった。

0アウト1,2塁でもエンドランを使っていましたね。

守る方からすれば、バントする場面でも色々な攻撃をしてくるので守りにくいですよね。

ランナーを視野に入れながら守備をしなければいけないので、スタートの1歩目も遅れるし焦りからミスも起きると思います。

さらに、盗塁を相手に意識させれば配球もストレート中心に変わってきます。

打者にとっても的が絞りやすい状況を作れる。

 

大倉監督の野球の特徴として、簡単にアウトをあげませんね。

(あくまで僕の個人的な感想です)

注目していた0アウト1塁でのサイン。

初球バントの構えから引く選手が多かったです。

待てのサインなのかな?

ワンストライクまでは様子を見るような感じですかね。

カウントを見てエンドランに切替えたり、確実に送りたい時はバントのサインを出す。

ここで大切なのは1球でバントを決められる技術です。

1ストライクからバントを失敗したら、もう2ストライクですからね。

代表候補からの選考もバントを1球で決められる選手が選ばれる確立は高いと思います。

打者にプレッシャーがかかる部分も大きいと思いますが、その分守る側も守りにくい。

どんな攻撃をしてくるかわからないんですよね。

1球1球サインが変わる訳ですから。

バントしてくる、打ってくる。

はっきりしているチームには守りやすいです。

そこに足を絡めてくるので、守る方は打者だけに意識を向けれないですね。

じわじわと攻めるボディーブローのような攻撃だと思います。

 

もう1点注目していた、選手にどうやって自分の考えを伝えるのか。

ベンチの雰囲気、大倉監督の視線の方向を注意して見てました。

(たまに代表候補選手と目が合った気がします。試合を見ようね笑)

身振り手振り交えて選手に伝えていました。

俺はこういう野球をやるんだ!

こんな時はこうやってやって欲しい!

というのが遠くから見ていてもわかりましたね。

何を喋ってるのかわからないですが、こんな事を言ってるんだろうなって想像できましたから。

代表候補選手が大倉監督が喋っていると一斉に監督の方を向くのが良いな、って思った。

サムライの選手は試合中に僕が話しているのを何人振り向いて聞いてくれてるんだろう。

ミーティングで話す内容をどれだけの人数が聞いてくれてるんだろう。

少し嫉妬に近い感情を大倉監督に抱きましたが、そこは僕も大人です。

ぐっとこらえて平常心で解説に戻りましたよ。

 

どうやって選手に伝えるか。

より、どうやって選手が聞く耳を持つか。

もっというと、どうやって選手が心を開いてくれるか、なのかな。

大倉監督の人の心を掴み方は参考になると思います。

特に女子スポーツに関わる方々。

身体を目一杯使って自分の考えを表現する。

しっかりと選手と向き合う真摯な姿勢を感じましたね。

だから選手もしっかりと向き合おうとするのかな。

勉強になりますね。

 

今、日本代表候補に入ってるサムライの選手が全員代表に選考されるように。

僕が出来るのはサポートです。

誰よりも大倉監督の考えを理解し、W杯にベストな状態で選手を送り込む事が僕の仕事だと思います。

(当然、チームを優勝に導く事も仕事です)

チームでの活動がとても大切になりますから。

もちろん次の世代の育成もやっていきたいですね。

後日、代表候補の中で気になった選手について書きたいと思います。

 

 

One thought on “大倉監督の野球を振り返ってみる

  1. 私は、玉島商業の同級生です(^-^)
    先日の夕方、ニュースで大倉くんが活躍されてるのを知り、驚きました!
    陰ながら応援しています、頑張って下さい♪

コメントを残す