女子硬式野球の今後~野手~


 

 

最後に野手の今後です。

僕は野手出身なので厳しめにいきますね笑

 

『筋力不足』

これですね。

バットを振る筋力、投げる筋力、守る筋力・・・

野球をする筋力が足りないと思います。

女性は男に比べ、筋肉が付きにくいって話しもあります。

(医学的にどうなのかわかりませんが)

ボディービルダーのトップアスリートが言うならまだ理解できますが、基礎体力がまだ備わってない選手には関係ないと思います。

どんどん鍛えるべきです。

まずは自分の身体を支えられるようにしないと。

怪我にも繋がりますからね。

自体重を使ったトレーニングで十分です。

(本音はウエイト大好きなマッチョな選手が出てきて欲しい笑)

 

筋肉が付くのはトレーニングだけじゃないです。

理に適った身体の使い方をしていれば、身体に筋肉はちゃんと付いてきます。

バランス良く投げれたら、自然と下半身の筋力は付くだろうし、上体だけで投げていればいつまで経っても下半身に筋力は付きません。

良いバランスで、理に適った身体の使い方をする。

筋肉をつけるには大切だと思います。

 

あとは強度の問題。

例えばバットスイング。

軽くを数多く振っても効果は薄いと思う。

1本1本をMAXで振らないと筋肉は付いてこない。

(MAXと言っても力むんじゃないですからね)

ウエイトでも、筋肥大をさせるのかMAX筋力を上げるのかではトレーニング内容が違います。

軽くを多く振るよりは、強度を強くして数少なくした方が振る筋力は養われるんじゃないかと考えています。

(僕の現役時代、軽くしか振ってこなかったので試合では打てなかったですね)

スイングスピードもまだまだ遅いです。

ボールに合わせて振ってる。

 

若尾選手(サムライ)と加藤選手(アサヒトラスト)は強いスイングが出来ていると思います。

ボールに合わせて振るのではなく、自分のスイングが出来る。

今のまま振り切るスタイルを続けて欲しいです。

プロのバッティングはレベル高いですし、変化球慣れしてますね。

でももっとレベルは上がると思う。

あれだけみんな振れるんだったら、ホームランがもっと打てるんじゃないかって思います。

(球場の広さももちろんありますが)

長距離打者を育てる。

(育てたい)

(育って)

ゴロとか打ってちゃ駄目なんですよ笑

(ゲームメイクするにはもちろん大切ですよ)

ホームランを打てるぐらいバッティングが良いなら、ゴロとか打てますから。

だからまず打球の角度を上げて、遠くに打球を飛ばす練習をしないと技術は上がってこないと思います。

ゴロを打っててもシングルヒットです。

スイング幅も小さいし、それ以上の技術的な成長はないんじゃないかな。

(ゴロを打つ技術は試合でとても大切なので、必要ないって言ってる訳じゃないですからね)

長打を打てる指導が女子野球のレベルアップには必要だと感じています。

なのでサムライでフライを打って怒った事ないです。

フライを打って反省するんじゃなく、外野の頭を越さないのを反省して欲しいですね。

(ノンパワーを思う存分反省して欲しい)

 

次に守備。

守備も筋力と強度です。

中腰の姿勢で打球を追うのはしんどいです。

楽をして上体を浮かせてしまう。

辛くても中腰のまま打球を追う練習をしていれば、筋力が付いて楽に動けるようになるんです。

特守(個人ノック)でも左右に打球を振って息を上げる練習は意味がない。

持久力の練習にはなると思いますが、本当に守備に必要な筋肉はつかない。

(上体が浮いた練習は下半身に来ないから)

低い姿勢のまま足を使ってボールを捕球する。

1球1球試合と同じ動きで数多く捕る練習をしないと、守備に必要な筋力はつかないと思うのです。

強度の強い練習をしていく。

スローイング含め、身体の筋力、使い方をもっと良くすれば8割の力で守備が出来るようになる。

8割で動けると身体のブレも少なくなるし、目のブレも少なくなり守備が安定してくる。

 

野手だけじゃないですが、見ていてボールを使った練習でしか上手くならないと思ってるように見えます。

ランニングで守備は上手くなるし、日常生活の歩き方でも守備は上手くなります。

もっと野球を勉強すれば、もっと簡単に打てたり投げたり守れたりできるんです。

そこに早く気付いた選手はもっと成長できるし、結果もついてきます。

目の前のボールを追うだけが野球じゃないですよ。

意識を高く。

意識が高くなれば動作が変わりますから。

周りのプロに行った選手を見てきてますが、ものすごく意識が高かった。

高い意識が動作に表れます。

その意識を続けて成長し、より高いレベルに行ったんだと思ってます。

アマとかプロとか関係なく、選手として誰よりも高い意識で野球に接して欲しい。

選手の可能性を広げて、さらにレベルアップのお手伝いをする。

僕はホームランを打てる選手を育てたいと思います。

 

 

コメントを残す