投手のリリース


 

 

今日選手とリリースの話しをしました。

プロでもトップレベルの選手の写真を載せるので、見てみて下さい。

リリースの位置はどんな選手でも同じです。

オーバースローでもアンダースローでも、スリークウォーターでも上体の角度の違いだけです。

 

力の入るポイントってどんな選手でも同じだと思うんです。

それを手の上下でオーバースローにしたり、サイドスローにしたりすると肩に負担がかかります。

リリースは肩のラインか鎖骨のライン上にあるのが良いのかな。

一番力の入るポイントを探そうと選手には話しました。

 

そして肘が前に出たり、身体が突っ込んでリリースが身体の後ろになってしまうと肩に負担がかかってしまいます。

変化球もすっぽ抜けるので、力のない投球になり打者にとっては絶好球になってしまう。

(抜けた変化球には飛びついてでも打て!と教わりました)

故障にも繋がるので、手でリリースを操作せず体重移動とタイミングでリリースを安定させていきたいですね。

 

3 thoughts on “投手のリリース

  1. 札幌医科大学の阿部です。
    先日はサムライベースボールフェスタでお世話になり、ありがとうございました。
    リリースについて少し思ったことがあったので、コメントさせていただきました。
    プロの選手のリリースが皆同じなのは、“ゼロポジション”であるからだと思います。
    ご存じかもしれませんが、ゼロポジションというのは簡単に言えば肩のナチュラルな位置で、肩甲骨の肩甲棘という部分と上腕骨の長軸が一致するポジションです。このポジションだと肩周辺の筋収縮力が均等になり、肩や肘への負担も一番少ないです。
    ゼロポジションの確認の仕方としては、頭の後ろで両手を組み、手は頭につけたまま両腕の力を抜いた位置です。そのまま利き腕の肘を伸ばすとリリースの位置になると思います。
    また、大学の男子野球選手と女子野球選手の投球動作を比べた研究によると、女子は男子に比べて投球方向への体幹回旋が不十分で、腕の振り動作に依存した投動作(いわゆる手投げ)であるようです。このような投動作の過度の繰り返しも投球障害につながると言われています。
    体幹の回旋が不十分な選手には、ボールが真上に弾むように着足の直前真下にボールを叩きつける“真下投げ”が効果的であるとも言われています。
    まだ理学療法の勉強中で未熟な知識ではあると思いますが、参考にしていただければ幸いです。
    長文失礼致しました。

    • 阿部さん
      コメントありがとうございます!
      リリースがゼロポジションである事の理解はしていますが、筋肉名まではさすがに理解できてないですね。
      どういう表現をすれば見ている方に伝わるかを考えて書いています。
      なので、専門的な方からすれば気になる表現もあるかと思います。
      (コメントなどでフォローしてもらえると助かります)
      真下投げ良いですよね。
      昔の遊びではメンコが良いと思います。
      女子選手は圧倒的に筋力不足です。
      自重によるトレーニング、ウエイトなどによるトレーニングをもっと取り入れる必要があると思います。

      • 返信ありがとうございます!
        これからもたまにコメントができたらと思います。
        私も硬式始めるにはまずは体作りからだと思っていますので、学校でウエイトしています。
        筋力をつけて、卒業後サムライの一員として頑張りたいと思いますので、これからもよろしくお願い致します。

コメントを残す