1年を振り返って


サムライの納会を栃木県で行いました。
選手、父兄と一緒の時間を過ごせて、とても楽しかったです。
2013年を振り返ってみようと思います。

 

監督2年目の今年は、葛藤する事が多かった気がします。
自分の中でも正解を探してた感じかな。
クラブ選手権で負けた夜、コーチに
『矢尾さんは男子の野球をしようとしてる』
って言われたのが印象的です。
そうなのかも知れないなー、反省した気持ちが半分。
残りの半分は、僕の野球をやっていきたい、っていう気持ち。
(ワンマンの意味じゃないですよ)
自分の目や感覚を信じたい、と言った方がいいのかな。
その為には、沢山勉強して自分の目が肥えさせる必要あります。
人の意見を、人の引き出しを自分の物にしたい。
自分のやりたい野球を考えさせてくれたコーチには感謝ですね。

 

そこからかな。
選手が考えを理解してくれてるな、って感じ始めたの。
いや、僕の考えがまとまり始めたのかもしれない。
チームがとてもすっきりしてきた感じ。
サインが何が出るのかを予想してくれている感じ。
試合後のミーティングでも話す事が少なくなりましたから。
全部を伝えなくても、選手同士でちゃんと話し合ってくれる。
良い野球が出来るようになりました。
ようやくチームとして野球が出来るようになった。
その成長がものすごく嬉しいです。

 

でも、実際にはキレイな事ばかりじゃなく、選手と衝突した事もあるし、僕が言い過ぎた事もあります。
(ごめんね)
全力で向き合わないと、信頼関係って築けないって思った。
嫌われるの嫌です。
怒りたくない。
楽しく笑ってストイックに野球がやりたい。
(ストイックに)
2年目の最後に、ようやく信頼関係が築けたかなって感じました。
(選手を信頼してなかった訳じゃないですよ)

 

納会には今年で辞める選手の一言があるんです。
今年で終わる選手の言葉を聞いて、ホッとしたかな。
野球が好きなまま終わってくれたと思って。
選手がいなくなるのは寂しいですよ。
でも、新しい人生を頑張って欲しい。
みんなで送り出してあげれたんじゃないかな、って思います。

 

サムライの良さって、純粋さとか素直なところです。
みんな純粋で一生懸命。
まじりっけなし!って感じ。
色で言ったら白かな。
(色は関係ないですけどね笑)
僕も負けないように、心の透明度を高めていきたい。
自分の気持ちに正直でいたいですね。

 

幸せを振りまくには、自分が幸せって感じないと駄目だと思うんです。
楽しさを伝えるには、自分が楽しくないといけない。
自分が幸せで楽しい!って思った事にみんな共感してくれるんだと思います。
12/22(日)のイベントもきっと楽しいと思います。
(ちょこちょこ告知はさみつつ)
サムライ自体が楽しいから。
選手も野球を楽しんでいるから。
それを少しでもお裾分けします。
楽しさのお裾分け。
ぜひ、暖かい動ける服装でお越し下さい。

 

応募はこちらまで!
samurai.girls.baseball.hp@gmail.com

 

サムライ一同お待ちしています。

 

unnamed4

3 thoughts on “1年を振り返って

  1. JWBL退団した田中碧(5年前、侍チーム所属)
    侍チーム復帰後コーチ兼投手就任してほしい。強豪・尚美学園大、埼玉栄、平国大(変化球の多く投げる)対策のためのに田中 碧さんもコーチとして投手陣へイペント運営徒事兼指導担当してほしい。侍ちびジュニアも投手育成コーチを必要です。

  2. 監督さんへ 田中碧も投手育成コーチも戦略投手コーチ就任が良い案です。

    • 川野様

      貴重なご意見ありがとうございました。
      田中碧さんは女子野球界で貴重な人材だと思っています。
      女子プロ野球で経験された物を次の世代に、という思いは私自信当然持っています。
      川野様含め、田中さんを応援して頂いてる方からも
      サムライの指導者として復帰してもらえるようにバックアップして頂ければ、
      こちらとしても大変嬉しい事です。

コメントを残す