7/8に思ったこと


 

 

昨日、7/8は僕にとってとても大切な一日でした。

自分の中にちゃんと刻んでおけるように、書いて残したいと思います。

 

2年前、友達が小児がんで亡くなりました。

まだ中学生だったんですよね。

彼とは、僕がホンダで現役でやっていた時に、地域の少年野球チームへ教えに行った時に出会いました。

とても素直で目をキラキラさせて見つめ返してきたのが印象的でした。

 

そこから病気が発覚し、病状が悪化していっても彼はグランドで野球をしてたと聞きました。

野球が大好きなんだと思う。

きっと苦しい気持ちや、絶望感を野球をしてる時は忘れてたのかな。

 

病気の影響で片方の目の視力が落ちて、片目でしかボールを見れなくなっても、右打ちを左打ちに変えて野球を続けてましたね。

どんな気持ちで野球をやってたんだろう。

僕なら野球から離れたかもしれない。

 

亡くなる直前は意識が朦朧として、会話もままならなかったと思うけど

『都市対抗を見に行きたい』

って言ってたと彼の親から聞きました。

どれだけの強い想いがあれば、意識がなくても野球を見に行きたいと言えるんだろう。

 

少しだけ彼の人生の一部に関われただけだけど、自分が苦しい時、自分を見つめ直す時は、彼の事を思い出して振り返ってみようと思います。

彼の分も頑張って生きる、みたいな事じゃなく、自分が大切にしてる物をちゃんと大切にして生きる事が、彼に見られても恥ずかしくない事なのかなって思います。

 

 

コメントを残す