決勝トーナメントが終わって


 

 

こんにちは

 

今回は、磯崎が選手ブログを更新します!
春リーグも残りわずかとなりました。
侍は先週の決勝トーナメント一回戦で敗退してしまいました。

勝つことって難しいですね

 

ギリギリの試合で勝てるか勝てないかって大きいしそういった試合で勝つことで自信に繋がる。

 

一点でも多く入れればどんな内容でも勝ちは勝ちです!

 

今の侍は何故か焦っているように感じます。

焦るところではない場面でも焦ってしまいそこから点が入るというケースが多いように思います。

もっとこうしたらいいんじゃない?

って思うことはあるんですが、

それを実際にやるのって難しいです。

 

 

私は大学四年間ピッチャーとしてコミュニケーションの大切さ、リズム良く投げること、間の取り方、考えてやる野球を学びました。

 

今までは投げて、打って、勝つ。

それだけで楽しい野球でした。
でもただ投げるだけ、打つだけではなく考えて野球をするようになってより一層野球が楽しくなりました。

 

そのなかでも私はコミュニケーションをとることが一番大切だと感じました。

 

バッテリー間はもちろん野手同士でも話すことはたくさんあると思います。
ここ!という勝負時にお互いの思いが一致することで勝利につながると思います。

 

でもそれは普段から会話をしていないと出来ないことです。

相手の癖とか性格、どんなことを思っているのかって会話をしなきゃ分からないと思うんです。

 

最近の侍はもっとこうした方がいいんじゃない?

っていう会話が増えてきました。

これはチームにとって本当に大切なことだと思います。

 

また野球にはミスがつきものです。
ミスを恐れてやっててはだめですよね。

 

だから私はいつも自分らしく楽しんで試合をしています!

私がダメなときはみんなに助けてもらう!
もしみんなの調子が悪ければ自分が抑える!
そんな気持ちで投げています。

 

野球は個人技はもちろんですがそれ以上にチームワークが大切です。
マウンドで孤独を感じる時も
バックにはみんなが居てくれる。
どんな打球でも止めてくれるという安心感とそう思わせてくれる仲間がいるからこそ安心して投げることができます。

 

 

だから一球に集中し、一球をみんなで追いかけて、チームを1つにしていきたいです。

 

みんな負けが続いてしまって自信がなくなったり不安もあると思うんです。
でも、下を向いてばかりはいられません

 

春リーグは惜しくも負けてしまい優勝を逃してしまいましたが、まだまだこれからです!

 

もちろんリーグ戦も優勝を目指していましたが、

1番の目標は夏の全国大会で優勝することです。
そのために今自分たちに足りないものを知ることが必要です。
リーグ戦ではその足りないものをたくさん考えさせられました。

 

考えても考えてもどうしていいかわからなかったことも、監督を交えたミーティングでやっと明確になったような気がします。
それを夏までに個人としてもチームとしても克服し調整していきたいですね。
野球に対する気持ちが強いこのチームだからこそみんなが同じ方向に向かって頑張っていきたいです。

 

きっとみんなの思いが一つになったら
今以上に強くていいチームになると思います。

 

この負けを無駄にしたくないし
負けが続いている現状を変えていくのは難しいけどこれを乗り越えた時に
本当の野球の楽しさがみえてくると思います。

 

夏まで時間がありません。
落ち込んでいる暇はありません!

 

サムライらしい野球で夏は優勝し
監督を胴上げしましょー\(^o^)/

 

 

 

One thought on “決勝トーナメントが終わって

  1. チームがひとつになった時きっと優勝出来ますよ^_^ はぁ〜野球やりたくなります^^; 懐かしく思います(*^^*)かげながら応援しています(^O^)/

コメントを残す